成分から選んだ本当に大きくなる増大サプリ!実際に飲んでチンコの変化を試してみました

増大サプリに シトルリンという成分が 含まれていることをご存知でしょうか。

そして、 シトルリンという成分がぺニスにどのような 効果をもたらすのか、または シトルリンを使うにあたり注意点はあるのか を事前に知っているのと 知らないのとでは、その効果は違います。

そこで、 そもそもシトルリンとはどのような成分で、 どのような効果があるのかをご説明します。

また、シトルリンを使用するにあたり、注意点も一緒に ご紹介します。
増大サプリを使う前に、ぜひご覧ください。

シトルリンとは

シトルリンとは、 万能成分とも呼ばれ 増大サプリには 欠かせない成分です。
勢力増強はもちろんの事、 疲労回復 や筋肉増強の効果もあります 。

そんな素晴らしい効果をもたらす シトルリン は 遊離アミノ酸の一つで食品からも摂取できます。
シトルリンを多く含む 身近な食べ物で言えば スイカに一番多く含まれています。

シトルリンの効果

シトルリンの主な効果は、血管を拡張する作用があるということです。
血流を良くする事により海綿体を活発にします。そして、ぺニスを増大させるためには、何よりも血流が大切なのです。

なぜなら ぺニスは海綿体で出来ています。そして海綿体というのは、まるでスポンジのようになっていて、その中は血液で構成されているのです

つまり、血流が悪くなると、当たり前ですが海綿体が 大きくなることはありません。
ぺニスを大きくしたいと思っているなら、まずは海綿体に血液を送る事が一番重要なのです。
シトルリンは、海綿体の血流を良くする為には、とても重要なのです。

そして何よりも 大切なのは、勃起 力を上げるということです。
血流が良くなるだけでは、ぺニスの機能は万全とは言えません。
下半身には、 PC 筋という筋肉があります。

この PC 筋というのは、pubococcygeusmuscleの略で、位置は尾てい骨と恥骨を結んだ所です。
骨盤底筋と呼ばれているので分かりやすいと思いますこの PC 金は支えられていますですが圧迫に弱い筋肉でもあります例えば,長時間 同じ姿勢でいても筋肉が衰えてしまいます。

そしてこの PC 器の衰えが、男性機能を下げる原因にもなっているのです。
海綿体に血液が流れ込むだけでは、ぺニスを元気にすることは出来ません。
本当の意味でぺニスを元気にする為には、まずは PC 筋を鍛えることが重要になってくるのです。

そしてこの PC 筋を鍛えるには、シトルリンは大きな効果があります。
なぜかというと、シトルリンの効果の中には、筋肉を増強するというものもあります。

シトルリンを摂取すると、まず尿素回路と呼ばれる回路へと運ばれ、シトルリンはアルギニンという物質に変化します。
アルギニンへと変化したら、血流に乗って全身に送られ、一酸化窒素を作り出す事が出来るのです。

そしてこの一酸化窒素が 血流を増やすのです。
筋肉というのは、血液が酸素を受け取って、その酸素を使ってエネルギーを作り出す事が出来るのです。

また、シトルリンにはタンパク質を合成し、促進させる効果があることも分かっています。

シトルリンを摂取することにより筋肉の合成が高まり、効率良く筋肉をつけることが出来るのです。
さらにシトルリンを取ることにより、筋肉の疲れも軽減されます。

また、シトルリンには疲労回復の効果もあります。
筋トレなどの 運動を行うと、どうしても 体は疲れてきます。
その為には体力を回復する必要があります 。

シトルリンには、運動した時に発生する疲労の原因物質の一つである アンモニアを取り除く働きがあります。
まさにぺニスを増大させる為には、シトルリンは欠かせない物質なのです。

シトルリンによる注意点

一見万能だと思われるシトルリンですが 、その摂取には気をつけなくてはいけません。
シトルリンはアミノ酸の一種なので、摂取自体は体内に害があるわけではありません。

しかし問題は、その摂取量です。一度にあまりにもたくさんのシトルリンを摂取すると、頭痛や 目の充血、または鼻づまりといった症状を引き起こします。

なぜシトルリンを摂りすぎると頭痛が起きるのかというと、シトルリンは血流を促進する効果があります。

このことはもちろん増大サプリとして効果があるのですが 、その事で頭の血管を拡張してしまうという事もあるのです。
その結果、頭痛を引き起こす可能性があるのです。

また、目や鼻の周りには毛細血管が多く、シトルリンを摂取した結果、毛細血管が拡張されすぎると、 目の充血や鼻づまりが起きる可能性もあります。

大切なのは、シトルリンの効果を得ようとして、シトルリンを一度にたくさん摂取しないという事です。

また場合によっては、シトルリンを摂取しない方が良い場合もあります。特に ED(勃起不全) に悩んでるという男性は、 シトルリン 摂取する際には 気をつけなくてはいけません。

また、シトリン欠損症を患ってる方もいます。
このシトリン欠損症の場合は、ミトコンドリアの中にある様々な細胞や物質の機能障害が引き起こされてしまう可能性もあります。

その時に高シトルリン血症の症状が出る場合もあります。この高シトルリン血症というのは、血中のシトルリン濃度が高い状態のことです。

つまり、体内にはすでにシトルリンがたくさんある状態なことなのです。これ以上シトルリンを摂取してしまうと、体調に異変がある可能性があります。

心配な時には、一度検査を受けて、シトルリン欠損症ではない事、また、高シトルリン血症ではない事を確かめておきましょう。

シトルリン を摂取するタイミング

いくら 増大効果があるからといって、シトルリンを毎日摂取すれば良いというものではありません。
シトルリンの効果をより引き出すには、タイミングを考えて飲まなければいけません。
ぜっかくシトルリンを摂取したのに、タイミングを間違えた為に効果を得られなかったらもったいない事です。

ですが、増大サプリには飲むタイミングが書かれていない場合もあります。
シトルリンを効果的に摂取するならば、就寝前に飲むことをお勧めします。

なぜ就寝前なのかというと、睡眠中に筋肉を肥大させる成長ホルモンが分泌されるからです。
そして、シトルリンには成長ホルモンを分泌するという効果もあるのです。

成長ホルモンは、ぺニスを増大させるだけでなく、骨を作ったり、筋肉を作る働きもあります。
更に、筋トレをして損傷した時には、 筋肉の修復もしてくれるのです。
また、増大サプリは一日に摂取する事が出来る量が決まっています。

たくさんの効果を得ようと自分で勝手に判断して増大サプリの量を増やして飲む事は危険な事です。
増大サプリの効果を最大限に引き出す為には、決まった量を守って飲む事が大切です。

シトルリンはスイカなどからも摂取する事が出来ますが、食べ物から得られる量は限られています。

また、筋トレなどをして血流を増やす事も難しく、時間もかかる事です。
シトルリンを多く含む増大サプリを摂取する事は、より早くぺニスを増大させる効果をもたらしてくれます。

増大サプリを摂取する時には、シトルリンの効果を意識して飲む事をお勧めします。
そして、シトルリンを多く含む食べ物や、日頃から筋肉を鍛える為に運動をする事も必要です

シトルリンとは

シトルリンとはその生成物質として植物由来と言われています。
そして、シトルリンには体内で生産される毒素的な物質を無害にするような効果が期待できます。

つまり健康的に生きるために必要な栄養素の一貫なのです。
そのためシトルリンを摂取することでの健康医学という言い方のほうが、該当する事項も多く、それが結果的に男性の元気に繋がるということには、もてはやされる傾向もあります。

そのシトルリンの効能とは、血流の増加が言われています。そしてそのシトルリンはアミノ酸のつながりですので、男性の栄養にも理解があるのです。

シトルリンはサプリメント類として、シトルリンと表記されていますが、実際は医療系や、サプリメントの綺麗なデザインで梱包されています。

要するに、医学的見地から摂取したほうが良いという命名があります。
ですので、サプリメントの種類としても、ホワイト系の綺麗なパッケージ品としています。

シトルリンの効果

シトルリンは毒素を解毒するような効果があり、体内のデトックス効果が高いものです。
どういったデトックスかというと、体の老廃物や筋力としてのサイクルに匹敵しています。
つまり、体が老化するのを抑えて、元気を取り戻すのです。

現に、年齢を過ぎた体でも体の活力が溢れているという現象もあります。
シトルリンだけがこのような働きをするとは言えませんが、実際はシトルリンには体内で造成されて、アミノ酸の有効なものにチェンジしますので、男性型としてその使用法に優れています。

シトルリンでどのような効果が現れるかについては、それを飲用として、確かめたいところです。
よくいわれるスポーツに匹敵するという意味がありますが、体がよく動くようになったという事例を参照にしています。

ですので、夜体を動かすというような場面で、夜勤のはたらきの助けになるであるとか、夫婦のはたらきに有効にはたらくという意味になるでしょう。

シトルリンでは、体の健康法の一部として考えるほうが最適です。
そして、そのシトルリンを有効に体内に取り込むことで、働き盛りという名目も手にすることができます。
元来植物由来ですので、体に良いのです。

シトルリンの栄養

シトルリンの栄養としては、それがアミノ酸の延長上にあると考えるといいでしょう。
つまり、体内で造成されるそのアミノ酸の各種は、シトルリンによって、さらに覚醒したり、発揮されたりするのです。

シトルリンそのものが効いているというより、シトルリンを取り込むことにより、体内が活性化すると考える方が良いです。

シトルリンで頭脳が明晰になったという事例や、からだがはつらつとして、奥さんに対する愛情があがったという例がこの対象です。

シトルリンで体内に造成されるアミノ酸には、スポーツに依る老廃物を考慮したかたちになります。
ですので、ある種の若返りという意味も含まれます。

シトルリンで手に入るのは、若い体だといっても過言ではないでしょう。
そして、植物由来のタンパクのもとである成分の一つですので、そのシトルリンは体内には無害となります。

ちょうど野菜や植物性蛋白質の良質な部分だけを抽出しているのが、シトルリンサプリメントになるのです。

シトルリンを定期的に摂取することで、体内では若返る細胞向上のはたらきとなり、その結果として、内容のある身体づくりが可能になります。

それとプラスして、体内の血流が増加し、一定の血圧が保たれますので、その際にもはたらきが大きくなります。

シトルリンで健康

シトルリンで健康体を手に入れるという名目はしごく大事なことになります。
シトルリンは体の根幹と為るタンパク質に化合されます。

通常食事を摂る際には、タンパク質は肉類か植物性蛋白質になります。
肉類では魚介類と言いますが、そのタンパク質は、体内での再化合にによって、アミノ酸から生成されます。

ですので、アミノ酸の一部分としてシトルリンは働くのです。
そして、有益なアミノ酸からの派生であるタンパク質には、そのアミノ酸の優秀さが鍵となるのです。

鍵となるには、その最化合の際に、シトルリンが有益に働くからにほかなりません。
そして、シトルリン自体は体内では生産が難しいのです。

シトルリンを摂取することで、体内の筋肉は蘇りますので、ある意味筋肉痛の起きない体作りが可能となっています。

男性側の問題としても、内容のあるはたらきになりますので、その結果として、血管も丈夫になるでしょう。

血流が安定しますので、シトルリンで再生成されるタンパク質の働きに、抑えが効かなくなる仕組みです。

ですのでシトルリンに依る健康法には、シトルリンを毎日摂取するか、その際の前のときに、適量を摂取するのがふさわしいです。

これは、タンパク質の再生成として少しの時間がかかるからになります。体内にシトルリンが働きかけるまで時間をみましょう。

血流促進の結果

シトルリンは体内の老廃物をデトックスするはたらきがあると言いますが、実際にデトックスの行われる現場の体内で、タンパク質が再化合されてきます。

自分の人体に有用な内臓の筋肉や体質が造られてくるのです。
ですのでシトルリンに頼るという事は、身体が新しくなるという意味が強くなります。

そして、その強さの発露として、夫婦での生活が営まれると言っていいでしょう。

夫婦の活力としてのシトルリンですが、他には血管壁が丈夫になったり、心臓が強くなるという働きがあります。

ですので、心臓と血管がその際の強さの秘訣となって現れるでしょう。
働きの強さは、同時に内容の現れとなって露見しますので、夫婦の関連での関係性構築にも役立ちます。

シトルリンはきれいなイメージで、清涼感のあるパッケージに入っています。
ですので、完璧に適合を狙うのであれば、医療機関での配布に望んだほうがいいかもしれません。

そして、サプリメント類に於いては、その作用性のお供として、これからの人生に前向きになります

冷え性に効果的

シトルリンは体内のタンパク質の化合性をより良く保ちます。
ですので、冷え性などの血管性の病気には最適なサプリメントとなります。

もちろん、医療関連での薬の配布には従わなければなりませんが、実際薬を卒業するのであれば、シトルリンに入れ替えて健康を維持するという方策もあるのです。

シトルリンは医療系では使われ始めた物質ですが、それをサプリメントとして供給するのであれば、それは家庭生活に花を添えます。

そして、サプリメントの結果として、夫婦の関係が良好になれば、その兆しとしてのシトルリンの有用性は計り知れません。

あまり、絶大な効果をもたらすという宣伝文句は必要なく、医療系のもの、そしてサプリメントでの健康ライフのためとされています。

実際はその内容としての拡充がすばらしいという展開ですので、あまり人の他言にならないようにとの関連があります。

これは、宣伝するサプリメントという意味ではなく、夫婦の間のつながりとして、ドクターから勧められてという参照が最適です。

そして、シトルリンのおかげで若返ったという証拠に、夫婦の関係性が良好になったという展開があるのです。

シトルリンでは、主に、内容と為る主成分を再構成してくれるという意味がありますので、定期的に摂取しておけば、定期的な夫婦のかたちがあるものになります。
喜べる生活を獲得するためのサプリがシトルリン系になります。

アルギニンとは

アルギニンはアミノ酸の一種と言われています。
アミノ酸の一種として、特殊な働き方をするタイプになり、人体内での生成が困難なときは、アルギニン製剤を飲用にするかたちになります。

これはアルギニンサプリメントとして、特に男性に働きかけるものとして、有名になっています。

アルギニンサプリメント自体、そのようなパッケージ品になっていますし、ドクターからの推奨で飲む場合もあるでしょう。

アルギニンでは男の活力というもので販売され、その効果としてもすぐの即効性があるタイプとして出回っています。

アルギニンサプリメント類は、アルギニンというアミノ酸の代表格として、その即効性を謳っているのです。

アミノ酸類の中でも、スポーツに必須と言われる体力に必須とされるこのアルギニンになります。

ずいぶん前より、その滋養強壮と体力回復というもので、入っているドリンクはあったのですが、最近ではアルギニンの専門サプリメントとして販売され、その継続的な力として、宣伝もされています。

アルギニンの効果

アルギニンの効果としては、男性の機能改善と呼ばれる節はあります。
そして、元来スポーツ万能として開発されたような、この成分も、アミノ酸を供給するという目的には、医療的な側面がありました。

つまり、虚弱体質を改善するという意味合いで滋養強壮の意味があったのです。
ですが、アルギニンを抽出して濃縮すると、男性自身の機能改善と呼ばれるようになり、アルギニンサプリはその薬ではない良さがうってつけとなったのです。

アルギニンの効果としては、男性の盛り上がり方の復活という点で注目視されています。
そして、そのアルギニンの強い味方に為るのが、アルギニンと同様に魚介類を摂るかたちになります。

魚介類を常日頃摂取していて、それと同時に、アルギニンをその分量で摂ることにより、最大の効果を現すでしょう。
アルギニンの力を試すには、定期的な摂取が必要です。

そして、アルギニンから派生する力で、強く発揮するという試算になります。
ただし、必ず夫婦の絆をかたれるかというと、男性の方が威力が強く、女性側の受ける点も重要だと気づかなければなりません。

アルギニンの性能

アルギニンの性能としては、アミノ酸を特別に供給するものですので、男性側の内容としても問題なく発揮するようになります。
ただし、男性側の老齢化の問題があるケースでは、事前のDNAチェックは必要でしょう。

そして、妊娠上問題ないとされる男性側では、女性への活力として摂取するのが一番好ましいとされます。

アルギニンは通称のモチーフとしても活力を前提に提出していますので、その効果が知りたければ、飲むべしというかたちです。

そのアルギニンの性能としては、実際虚弱体質を改善する、栄養補給剤としてのベースがありますので、少々弱った体でも、もうひと踏ん張り仕事がほしいときに、体の要求に答えてくれます。

そして、仕事をしてでも、さらに仕事ができるような、活力の基としての性能があります。

これらのサプリメント類には、アミノ酸系とされるジャンルはありますが、稀にこのアルギニンに天然成分を加えたサプリメントもあり、かなりの高価になっています。

アルギニンには魚介類が必須とされる理由があり、もし魚介類がセットで摂れない場合には、アルギニンに天然系がサプリに凝縮されているタイプが匹敵でしょう。

特攻的な成分

特攻的な成分として、その特別性能があります。
これは、通常のサプリメントには基礎サプリメントをよく摂取しておくことであるとか、野菜室の食事を常日頃摂っておくことなど、列記される補足説明があるのですが、アルギニンのサプリには、それと同じような言い方はあまりされていません。

ですので、サプリメントとして完璧と言われるいいかたをされるのには、やはり天然系の同時配合が合っって、初めてされるのです。
ですから、サプリメント類としてのアミノ酸系に該当されるアルギニンですが、その効果を確かめるのであれば、完璧と言われる配合量を目指した製品が良いでしょう。

アルギニンを多めに摂るより、その期日に合わせて、一週間前から適量を摂っておくほうがよいです。

そして、男性側の生殖能力に問題がなければ、夫婦でスケジュールを決めた上で、取り込んでみるのが最適と言われます。

これらの適合に関しては夫婦の共同作業にはなりますが、もともと漢方で処方しているようなものも配合されているときには、やはりの力の発揮となります。

ですので、常日頃の食事も重要ですが、奥さんの食事をちゃんと摂っている人であれば、その物語る能力にも、他と差がつくに違いありません。

アルギニンはサプリ

昔、漢方薬局というと、少し胡散臭い感じがしたものです。
ですのでそこに並んでいる天然成分のものに関しても、とっつきにくい何かはありました。

しかし、現代ではそれがカプセル状になっていて、その手軽さの上でも、この上ないというものになっています。

これは有効な成分を凝縮していて尚、それがある程度の保存がうまく効くようになっている点が素晴らしいと言えます。

これらの配合量に関しても、伝統あるサプリ会社であれば、有効成分を歴史的にも実証していますので、その作用性にも、ある程度の合点がいきます。

そして、夫婦の物語としてこれらのサプリ類を摂取するかたちになります。漢方というものは、粉状になっていて飲みにくいという定評はありました。

ですが、サプリメントとして一気に水で喉に投げ込むことができるタイプになりますので、アルギニンというものは、天然系をセットにしても、充分に活用的であると言えます。

これは、外の世界での夫婦の旅行には最適ですし、そして、夫婦の若い頃を思い出すにはとても良いサプリメント形式になっています。

物語を復活させたいという気分でしたら、男性側にはアルギニンサプリとして、女性側には女性の妊娠に必要な栄養・サプリメントを提供した上で、セットにすると良いです。
アルギニンには、女性への思いを込めるはたらきがあります。

アルギニンで男の約束

アルギニンでは男性の約束を果たすという意味が伝わります。
これは男性の活力というものが、家庭では絆になることが必須だからです。
この必須の能力は、必須アミノ酸という言われ方をするアルギニンにはなります。

一応のスポーツでは、アミノ酸はまんべんなく摂取することを言われています。
アルギニンはもともとの滋養強壮用ですので、それに天然系まで配分されていれば、アルギニンのサプリはそれで万能というものになります。

ただし、完璧に妊娠に近づくには、それなりの準備が必要ですので、夫婦でのサプリ活用については、時間合わせを正確にしましょう。
もし男性が突出しすぎて困るような場合は適量を守った上での摂取と言われたことを思い出すようにしてください。

男性の能力と、その妊娠を付加させる力がある場合には、事前の食事合わせとして、刺身類や、サラダのドレッシングがけを摂りましょう。
そして、そのサラダにも海藻類の乗っていることが、やはりの力の発揮になります。

夫婦の記念日等に美味しい食事と一緒に、愉しむことのできる時間を持ってください。

アルギニンのサプリは通常、スポーツ系サプリか、アルギニンの中でも、活力系サプリに分類されています。
虚弱体質へのドリンク剤でも良いでしょう。

亜鉛の働きについて

亜鉛は体を構成するミネラルとなる物質で新しく細胞を作る際に試用されます。
筋肉や、体内の臓器の形成、及び精子、生殖機能の意地などにも使用される物質です。

亜鉛の一日あたりの摂取量については、18~69歳の男性で10mgとなり、サプリメントを使用した場合、亜鉛の量はこの適性値を越える場合もあります。

適性値を越えた場合に置いては銅欠乏、貧血、胃の不調などの他、亜鉛本来の毒素を中和する腎臓に置いてもダメージを与えてしまいますので適性値を越えた場合副作用があります。

増大サプリに使用される亜鉛の効果

増大サプリに使用されている亜鉛の効果は主に精子の製造、生殖機能の強化です。
細胞を新しくするために亜鉛を使用しますので体を成長させる効果のある亜鉛を増大サプリに使用させることで、ペニスを増大させます

ただし、亜鉛の吸収できる量は一定でたくさんの量を摂取したからといって亜鉛の効果を全て得られるというわけではありません。

亜鉛は体内では常に不足しがちですが、サプリなどで手軽に取れるようになった分、多量に取ってしまうことも多いです。

多量に取りやすくなった分、問題としては過剰摂取による副作用が問題になり、近年、サプリメントでは亜鉛の量を調整しています。

亜鉛は自然由来の食べ物ですと牡蠣などを3枚程度食べるだけで摂取量を取ることができますので、何も亜鉛サプリだけで摂取する以外の方法もあります。

摂取する機会が増大サプリのような精力サプリの他、運動サプリなどにも亜鉛が含まれており、サプリ以外にもお菓子などにも亜鉛が含まれているため亜鉛は許容量をオーバーしやすい栄養素であるといっても過言ではないです。

しかし、許容量を超えてもすぐに影響があるわけではなく、ある程度の許容量であれば尿として体外に排出されますので許容量を超えたからといってすぐに人体に影響があるものではないです。

問題となるのは許容量の何十倍も過剰摂取するか、常に過剰摂取することです。1ヶ月も過剰摂取すれば腎臓の働きが弱りますので1ヶ月以上、亜鉛摂取の許容量を超えなければ問題はありません

増大サプリの亜鉛に取って代わる物質

亜鉛は特性上、毒性があるため増大サプリに使用する際、扱いに注意が必要でした。
そのため亜鉛に取って代わる物質が必要で生まれた物質が、人間の体内で生成される、アルギニンです。

アルギニンは、成長ホルモンを分泌し血管を拡張させますので、亜鉛と煮ている部分としては体を成長させる物質を分泌します。
また毒性も亜鉛ほど強くなく、許容量も大きいため、亜鉛に取って代わる物質になりました。

また、アルギニンはアミノ酸ですのでアレルギー反応が置きにくいということもあり、近年では積極的に精力サプリに使用されている物質です。
安全性を鑑みた場合、亜鉛よりも安全であるアルギニンが精力サプリの成分として取って代わる物質になったわけです。

亜鉛が不足すると起きる問題

亜鉛は過剰すぎても副作用などで問題がありますが、少なすぎても問題が起きます。
体内で亜鉛が不足すると起きる問題としては、貧血、食欲不振、皮膚炎などの他、生殖機能が低下します。

これは若い世代に十分な亜鉛を摂取することができなかった場合に置いては、男性器の機能が十分に発達せず小さい男性器であるということも分っています。

これは男性ホルモンの分泌が不十分であるため体が大きくならなかったことが原因であるとされます。

他にも影響があるものとしては、慢性下痢、脱毛、免疫力低下があり、下痢の症状が慢性化することが亜鉛方の場合と違う点です。

亜鉛方に置いても下痢になりますが一時的ですので、症状の違いで亜鉛不足か過多であるかを判断します。

亜鉛が不足する原因としては豆類の食品には亜鉛を排出する力がありますので亜鉛が不足しがちになります。

また、アルコールを飲む方の場合、アルコールは尿を排出しますので亜鉛を尿として排出します。

亜鉛を多く含む食べ物

亜鉛を多く含む食べ物は主に、牡蠣が有名です。
牡蠣であれば3つ程度で摂取量に見たりますので牡蠣が一番亜鉛を含みます。

その他ですと小麦なども亜鉛を多く含みます。
魚介などには亜鉛は多く含まれているため魚介を食べる日本人は本来であれば亜鉛が不足することはありませんが近年では食事も欧米化しており魚介を食べないこともあり亜鉛が不足しやすい環境下になりました。

魚介以外では豚の内臓などのように臓器から亜鉛を摂取するしかありませんが、あまり内蔵などの臓器を口にすることは若い世代の方や子供の人はないでしょう。

そうなると種を持つかぼちゃなどの野菜から摂取するしかありませんが、かぼちゃなどの野菜から取れる亜鉛はかなり少ないです。

亜鉛を含むサプリの副作用

亜鉛を含むサプリの副作用ですが、主に銅欠乏、吐き気、嘔吐腎障害、免疫障害があります。

免疫にも障害が生じ、免疫が誤作動するため不足している場合の免疫障害と比べた場合、自分の免疫が自分を攻撃します。

亜鉛が不足している場合は単純に免疫機能が働かず、病気に弱くなるため違いとしては免疫が自分を攻撃するか、病原菌すら攻撃しなくなるかという違いで判断します。

腹部痛、消化管過敏症などの症状も現れ消化器に影響を及ぼすことが多いです。
そのため下痢になることも多く、下痢については一時的に下痢になります。

亜鉛が不足している場合は慢性的な下痢になりますので症状の違いで亜鉛不足であるか、そうでないかを判断します。

増大サプリ以外の亜鉛のサプリ

亜鉛は増大サプリとしては定着していますが他のサプリメントとしても使用されています。
一つは酔いを醒ますサプリメントです。亜鉛は尿を排出する機能を持ち、尿としてアルコールを排出する機能があります。

そのため酔い覚ましとしてサプリメントとして亜鉛が配合されているものもあります。
育毛サプリなどにも亜鉛を使用しており、亜鉛の効果で髪の毛を生成し抜け毛を防ぐ目的で亜鉛を使用しています。

このように亜鉛は精力サプリ以外でも使用されており、現在では糖尿病の予防にも亜鉛が効果的であるのではないかと注目されています。

亜鉛を医療目的で使用することもあり、味覚障害などの原因は亜鉛が不足することで起きますので、医療用としても亜鉛を使用した薬があり、味覚障害の治療としても亜鉛を使用することがあります。

このように亜鉛は、精力サプリ以外にも使用されており、用量を守ることで人体に様々なプラスとなる影響を与えますが、用量を守らなかった場合、副作用として体に異変を起こしてしまいます。

そのため決められた用量異常に亜鉛を摂取するのは危険です
サプリメントなどには亜鉛に置いて中毒症状となる状況を記載していることも多く、中毒になりやすい物質として亜鉛を上げていますので精力サプリに関らず、亜鉛を使用しているサプリメントの仕様などは注意を払い、用量を守る仕様を心がける必要があります。

用量を守らなければ最悪、腎臓に影響を与え腎臓病などの疾患に陥る可能性もありますので気をつけて増大サプリや亜鉛サプリを使用しましょう。

亜鉛の効果は実に幅広い

亜鉛というのは生命活動における重要な成分で、亜鉛が存在することによって幅広い有益な状況をもたらすことがあるのです。

亜鉛は美容などにおいても必要ですし、免疫力を高められるという意味では健康にとっても不可欠な成分になります。
また、男性器に関して言えば、勃起力の向上にも関係しているのです。

勃起力の向上というのは亜鉛の効果として、男性は非常に興味深いのではないでしょうか?
勃起力に特に問題を感じていない人はともかく、いろいろな理由で衰えてきたと思っている人は、そういったところをなんとかしないといけないと危機感を持っていると思うのです。

亜鉛は勃起力に大きく関係している成分なので、特にそこが気になる人は亜鉛の摂取を積極的にしていくべきと言えるのです。

亜鉛は美容の効果を生み出し、健康にも良いということが言えますが、男性に関しては勃起力の向上という点が特に興味深いはずなので、そこは頭に入れておいてほしいです。

しかし、こういった効果を生み出すために十分な亜鉛を摂ることができているのか?というと、ほとんどの人はできていないのが現状です。
そういった部分のデータについて知っておいてほしいと思います。

多くの成人男性は必要な亜鉛の摂取量に足りていない

亜鉛は人体に対していろいろな有益な効果を持っているということになりますけど、多くの成人男性は1日当たりの亜鉛の必要な摂取量には足りていません。

厚生労働省が定めた亜鉛の1日あたりの男性の推奨摂取量については12mgとなっていますが、成人男性の平均は約9mgとなっています。

つまり、結構足りていない現状があるということで、こういった状況だと勃起力などに効果を与えることはしづらいです。

つまり、亜鉛というのは摂取すれば勃起力に影響を与えることができるものの、実際にそういった効果を引き出すには摂取量を意識しないといけないということです。

成人男性の平均では、推奨摂取量に足りていないので、普通に食事をしているだけでは亜鉛は不足しているということになるのです。

つまり、亜鉛を推奨摂取量に届かせるには、意識的に亜鉛を多くとらないといけないということなので、亜鉛が含まれているサプリメントなどが有効になるでしょう。

亜鉛が不足したままの生活を送り続けると、美容や健康の部分でも影響が出てきますが、特に勃起力の低下を感じやすくなります。

そういったところに影響を残さないためには、意識して亜鉛を摂取し、必要な量をきちんと摂るという目標を立てていくようにしてほしいです。

そして、亜鉛というのは勃起力がまず重要な部分として男性には感じられますが、それは結局EDという部分にも関係してくることになります。

亜鉛不足は最終的にEDを引き起こす可能性がある

亜鉛が足りていないと、勃起力が正常な状態を維持できず、どんどん衰えを感じるようになる可能性があります。

勃起しづらいなと感じている程度であればまだマシなのかもしれませんが、それがどんどん酷くなっていくということもあり、勃起力の低下を放置していると、気が付いたら勃起できないという状況になることもあるのです。

つまり、EDになってしまうということが最終的に考えられますから、この問題は軽く見ない方が良いと思います。

勃起力の低下は最終的にEDになる可能性があるということで、そこは知っておかないといけません。

EDというのは勃起力の低下以上に困る状況なので、そこは阻止しないといけませんが、勃起力の低下を改善できなければ、そういった状況になることを確実に避けることはできないのです。

つまり、勃起力が感じられなくなってきたという自覚症状がある人は、その状況を早急に治していかないといけないということになります。

実際、ある実験では亜鉛を全く摂らない生活を男性にさせたところ、ものの数か月でEDの状態になったという結果が確認されています。

しかも、その男性はEDになった挙句、精子量もかなり減少している状況が確認されたのです。

つまり、亜鉛の摂取量が極端に少ないと、意外と早くEDになるということが分かっており、かつ精子量まで減少するという、とんでもない結果になることがあるわけです。

EDになってしまうと治すのが大変である

亜鉛を全く摂らないという状況は、ほとんどの男性には当てはまらないとしても、かなり摂取量が少ない生活を気付かないうちにやっていて、こういうリスクを背負ってしまっている人はいると思います。

そして、気付いたらEDになっていたとか、精子量がどんどん減ってしまったということになるわけです。

ED治療薬などを試すことはできますが、どこまで改善するか?は個人差がありますから、やはりEDになる前に対策を打っておくべきです。

EDは治療は可能ではあるものの、EDになってしまった人がその状況を治すよりも、EDを予防する方が絶対に簡単ですから、そっちを考えていく方が良いと言えるでしょう。

ポイントとしては簡単で、何度も言っているように亜鉛をしっかりと摂ることに尽きます。

問題は自分が1日あたりどれくらいの亜鉛を摂っているのか?というのが正確には分かりづらいので、意識的にやや多めに摂ることが必要になるでしょう。

だからこそサプリメントなどを利用して、多めに亜鉛を摂る生活を続けていくと良いと思います。

サプリメントで摂ることで摂取量がある程度把握できるというメリットがありますから、そういった方法をとると良いでしょう。

亜鉛も過剰に摂りすぎると逆効果で、副作用のような症状が現れますから、摂り過ぎに注意するという意味では、サプリメントの方が1つあたりの亜鉛の含有量が分かるという意味では、調節がしやすいはずです。

・亜鉛を摂取するときの一工夫
亜鉛を摂取していくと、勃起しやすくなり、EDになるリスクも低減しますけど、普通に亜鉛だけを摂取するのではなく、それとは別にあるものを一緒に摂取していきましょう。

それがビタミンCになりますが、亜鉛というのはそのまま摂っても意外と吸収されづらい性質なので、摂った亜鉛を効率よく吸収していくには、ビタミンCの存在が重要なのです。

ビタミンCを一緒に摂っていけば、それだけ亜鉛も多く体内で吸収され、その効果を発揮することができます。

ビタミンCもサプリメントが売っていますから、そういったものを使うと簡単にビタミンCを摂ることができるでしょう。

亜鉛に関してもサプリメントがおすすめなので、亜鉛とビタミンCのサプリメントを同時に購入して、それを一緒に飲んでいくと効果が出やすいです。

亜鉛の効果は男性にとっては無視できない、きちんと考えないといけないものが多いのですが、特にEDにならないように予防をするという意味合いもあるので、亜鉛の大切さをしっかりと認識して、自分が亜鉛不足に陥っている可能性が高いという危機感を持っておくと良いのではないでしょうか?

亜鉛とアルギニンの働き

増大サプリに使用されている亜鉛は主に精子を作り体の基礎を作る栄養とされており、体が成熟しきっていない間は体を大きくするための栄養として使用出来ます。

ですが体が大人、つまり成熟しきった場合、それ以上体を大きくすることは出来ず、精子の生産のみに能力を発揮します。

ペニスを増大させる効果は体の構成がまだ完璧ではない方の場合は効果がありますが体が成熟しきった場合は増大効果は期待できなくなります。
そこで登場したのがアルギニンです。

アルギニンは体内に入ると一酸化窒素となり血管を拡張させます。
体内の血流が上がるとペニスへの血流もよくなり普段よりも勃起力が高まり大きく見えるという仕組みです。

血流がよくなったことで栄養の吸収量も増加し吸収した栄養を血液が運びやすくなっているために体の各部位が成長しやすくなるために増大するという効果もアルギニンにはあります

ただ、栄養自体はサプリメントや食事から取る必要があるため、サプリメントにはアルギニンの他に栄養となる主成分が含まれています。

亜鉛からアルギニンに置き換わった理由

増大サプリに関らずサプリメントには亜鉛が使用されているのが主でしたが何時の日からアルギニンやシトルリンという栄養素に取って代わられました。

その理由は亜鉛にはアルギニンと同じ様な機能を備えており、体を大きくする効果や精子を造る効果がありますが副作用があります。

この副作用の心配を考慮した場合、亜鉛に置いては副作用として、亜鉛中毒症状などがあり、必要以上に亜鉛を摂取した場合、腹痛や嘔吐、下痢などの症状が現れます。

また、亜鉛を腎臓が無害な尿として排出しますが、取りすぎた場合、亜鉛の中に含まれている毒性を分解できずに溜め込んでしまい、腎臓の病に陥ります。

この腎臓の病になるリスクを考えるとアルギニンやシトルリンの方が、元々人間の体内で作られる栄養素のアミノ酸なので安全であるという答えに行き着き、現在に至ります。

安全性を鑑みれば亜鉛を使用するよりもより安全性のあるアルギニンやシトルリンを使用するということはごく当然です。

アルギニンは体内で生成することができますが、それだけでは不十分であるために経口摂取により体内に取り入れることで勃起力を上げます。

またこの時シトルリンも配合することにより相乗効果により効果を高めます。

アルギニン、シトルリンは主に効果として血行を促進する作用があり、両者共に成長ホルモンを分泌するために体の成長を促進させることができます。

これは亜鉛でも成長ホルモンを分美津させる物質を出しますが効果はそれほど強くはないです。

アルギニンやシトルリンの栄養素も尿として外に排出されるため多く飲みすぎてもあまり意味は成さず、アルギニンに置いてはアルカリ性という性質もあり、副作用としては胃腸を荒らすという性質がありますので大量に飲まないようにしましょう

増大サプリには副作用は必須である

亜鉛からアルギニンなどの成分に変更をしても副作用と言うものはあります。
亜鉛の場合は亜鉛中毒による、腹痛や下痢、嘔吐、めまいなどがありますが、アルギニンも胃腸を荒らすことによる下痢などがあります。

副作用としては亜鉛よりも小さい副作用であるということもありますが結局は用量を守らなかった場合副作用が現れます。

これはどんなサプリメントにも言える事で、用量を守らなかった場合副作用となり現れます。
増大サプリに関らず副作用は現れてしまうものとして考え摂取することが望ましいです

何故増大サプリにビタミンを入れる必要があるか?

増大サプリメントにはシトルリンやアルギニン以外にビタミンを配合している物があります。

何故ビタミンを配合する必要があるのかと言いますとビタミンの特性を利用して増大サプリメントに組み込むことで特性を生かしているためです。
ビタミンには代謝能力を上げるという性質があります。

そのため血行が促進した状態で栄養素を吸収し排出する能力を上げる必要があり、ビタミンをサプリに配合しているわけです。

この時ビタミン自体は他の栄養素に置き換わったりすることはなく、あくまでも他の栄養素に引っ付き栄養を吸収しやすくしてくれるノリのような役割を示します。

この引っ付く特性は老廃物に置いても同様で老廃物にも引っ付き体外に排出しやすいように働きかけてくれます。

この性質を利用することによりサプリメントなどではビタミンを使用してサプリを作ることで疲労回復などがあるサプリとして販売しているわけです。

栄養を早く吸収することができ、余分な老廃物も早く除去することができるわけですから、サプリメントとしてビタミンが使用されていることは至極当然といえます。

血管を拡張する意味

アルギニンには血管を拡張する効果があると示しましたが、血行を拡張させる意味は何があるのかを説明します。

基本的には血管を拡張させると、栄養が血液を流れる量も倍になるのは理解できるかと思います。

その他にも理由があり血行を促進することで得られる効果は、疲労回復効果です。

精力サプリとして疲労を回復させる効果というものは魅力のある効果で血行を促進することで体内の栄養を吸収しやすくなり、疲労を回復させる手助けをします。

疲労の原因となる乳酸などが溜まり難くなるのも疲労を感じにくくなる効果の一つといえます。

他には血管を拡張すること自体を医療目的で使用することもあり、血管を拡張することで血管がつまることを防ぎ脳卒中などの治療薬としてあまり副作用のないアルギニンを使用することもあります。

このように血管を拡張することで得られるメリットがありますので多くの精力剤はアルギニンを試用しているということになります。

アルギニンの効果を他の植物で補っている物

アルギニンと同等の効果を他の植物で補っている物があります。
一つはトンカットアリなどもそうですが高麗にんじんという物があります。

高麗にんじんはアルギニンと同様に血管を拡張する効果があります。
そのため血管を拡張子薬剤の効果を高めることができます。

漢方などでは高麗人参と何かをプラスすることで精力剤として販売をしています。

高麗にんじんはアルギニンと同じ部分は血行を促進する効果だけで他の成長ホルモンを分泌するような効果はありません。

しかしアルギニンと一緒に摂取するとアルギニンの効果を高めることができます。
ただし、注意点としては相乗効果を生む部分がありますので危険な部分もあります。

血管を拡張する部分がアルギニンと高麗にんじんでは同じ作用になりますので、より血行を促進しますので副作用として動機などが現れてもおかしくはありません。

そのため、現在では高麗にんじんとアルギニンなどを含んだ製品という物は組み合わせが悪く、あまり精力剤として販売されなくまり増した。

トンカットアリについても同様でアルギニンと動揺の効果があるため、副作用を考えた場合、扱いが難しいということもあり、トンカットアリはトンカットアリだけを配合したサプリメントが多いです。

アルギニンとトンカットアリ両者を含むものはあまり見かけないのは安全性のため両者を含んだ物を販売していないと思われます。